人気ブログランキング | 話題のタグを見る

SAターボアイドリング

SA乗ってますか?
ターボ車両のアイドリング不調で、MAZDAからの問い合わせが多い。
スロットルが引っかかるとか、ハンチングするとか、エンストするとですね。
インジェクションになりたてなので、センサーが機械式が多く、壊れやすい。
部品も無いし、ディーラーがお手上げなのも頷ける。
ちょうど、刻みマフラーに交換した車両も、長年ディーラーでスロットル修理をしていたらしく、シャフトはグリスだらけ、おまけにエンストするので、アクセルワイヤーを引っ張ったままにしていた。
苦肉の策としてはアリだが、ワイヤーも廃盤なので、ダメなPLAY.
ジャックポットでは、インジェクションの車両はPLAYしませんが、SAターボだけは、SAラインナップに有るので、SA専門で、長年やっているので、やらないわけにもいかず、ノーマル車両に限っては、PLAYしています。
SAターボアイドリング_e0406102_10003402.jpg
こいつは、動きの渋さだけで、あまり関係ない。
これは、チョークの問題だけ。
SAターボアイドリング_e0406102_10000075.jpg
問題はコレ。
いくつものリンクを一つのシャフトで動かしている。
バタフライのズレと、シャフトの汚れが大きな原因。
当然全バラで、調整していく。
SAターボアイドリング_e0406102_10010347.jpg
こいつもACアイドルアップに欠かせないので、調整する。
これを動かす3WAYがダメな場合は、お手上げなので、アイドルアップは、諦めてもらう。
SAターボアイドリング_e0406102_10022768.jpg
そして真打は、コレ。
エアフロメーター。
こいつの調整が、SAターボの全て。
画像では、蓋が開いているが、開けてはいけないパーツ。
ま、こいつを経験で、調整していく。
SAターボアイドリング_e0406102_10025665.jpg
こんな仮止め状態で、取り付けて、調整しながら、走りまくる。
当然、その他のセンサーも調整しながら。
AC付けたり、急加速したり。
ま、3日ぐらいはかかる。
SAターボアイドリング_e0406102_10031019.jpg
セッティングできたら、蓋をシリコンで元通りにする。
お金もかかるが、命の部分なので、仕方ないね。
このくそ暑い中、試走を繰り返して、完璧な状態に戻りました。
当たり前ですが。
基本、MAZDAで、グチャグチャにされた車両は、時間とお金がかかります。
ま、出来ないところへ持っていく、客も客だが。
ディーラーは、壊す前に断るべきだと思います。
ディーラーにいるのは、メカニックではなく、サービスマンなので。
今の時代、SAを乗るのは、簡単なことではなくなっていますね。
頑張って、SA乗ってください。



by JACKPOT6974 | 2023-08-15 10:39

JACKPOT OFFICIAL BLOG


by JACKPOT6974